【フローラステークス】サトノワルキューレが後方一気で重賞初制覇!!

競馬情報

着順とレース後コメント


1着 サトノワルキューレ (指数63)

M・デムーロ騎手
「スタートはいつも速くない馬なので内枠だったのを気にしていました。多分ゴチャつくだろうと思いゆっくりとレースを進めました。2000mはこの馬には短いですから早めに動くと良くないと思い、じっくり追い出しました。東京コースは合っています。本番でカンタービレとどちらに乗るかこれから相談して決めたいと思います」

 

2着 パイオニアバイオ (指数40)

柴田善臣騎手
「稽古の時から感じていましたが、以前未勝利で乗った時よりも全体的にパワーアップしていました。まだまだ良くなりそうです」

 

3着 ノームコア (指数58)

(戸崎圭太騎手)
「まだ緩いところがありますが、上手に走れています。最後もしぶとかったですし、頑張っています」

 

4着 サラキア (指数56)

池添謙一騎手
「ゲートは3戦の中で一番まともでしたが、道中ゴチャついたことで、ポジションが下がりました。枠もあり、内にこだわりましたが、直線で目一杯追うことができなかったことが悔しいです」

 

5着 ファストライフ (指数42)

 

7着 レッドベルローズ (指数71 最上位)

三浦皇成騎手
「ゲートは克服できましたが、最初のコーナーで外にはってしまいました。それでも直線では前を交わしにいくくらい勢いがありました。まだまだ良化の余地がありそうです」

引用:netkeiba.com


 

フローラステークスは2着に13番人気のパイオニアバイオが入るなど波乱の決着になりました。やはりこの時期の3歳重賞戦は難しいですね(´・ω・`;)

それはそうと、勝ったサトノワルキューレですが、スローな流れの中、4角で大外を回り、あの位置から直線だけの競馬で勝ち切ったのは強烈な印象を与えたかと思いますが、今日のメンバーを考えると、相手が一気に強化する本番で通用するかどうかはなんとも言えないような・・・。

ただ、何が起こっても不思議ではないのが3歳牝馬クラシック。再度同じ鞍上が乗れば警戒は必要でしょう。

それと話は変わりますが、このフローラステークスのSP値が記入されてませんでした。申し訳ありません。

SP値について後ほど追記させていただきます。


※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
→ JRA公式ホームページ

※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。


競馬情報

Posted by ターヒィー