【皐月賞】オルフェーヴル産駒エポカドーロがまず1冠目を制する!!

競馬情報

着順とレース後コメント


1着 エポカドーロ (指数58)

戸崎圭太騎手
「とても嬉しいです。素直な馬です。何頭か主張する馬がいると思っていたので、先生とその後ろの位置でと話していました。馬は落ち着いていて、返し馬から違いました。力強かったです。4コーナーを回る時も手応えが良かったです。距離は心配でしたが、強い競馬を見せてくれたので問題ないと思います。充実していますし、レースの度に成長しています。乗りやすい馬です」

 

2着 サンリヴァル (指数47)

藤岡佑介騎手
「思った以上に前が飛ばす展開で、4コーナーで離されてしまいました。そこがポイントでした。よく追い上げていますが、勝ち馬は流していましたから強かったです。ギアがもう1つあればと思います」

 

3着 ジェネラーレウーノ (指数54)

田辺裕信騎手
「マイペースに持ち込んで突き放せる形ならもっと良かったと思います。気分屋な馬なので無理に抑えこまず走らせました。それにしても、あの位置に力まずにつけられたことがすごいです」

 

4着 ステルヴィオ (指数68)

C.ルメール騎手
「スタートしてから後ろのポジションになり、(4番手以降の)ペースが上がらなかったことが厳しかったです。一生懸命に走っていて直線の反応も素晴らしかったのですが、前は止まりませんでした」

 

5着 キタノコマンドール (指数57)

M.デムーロ騎手
「あの展開では厳しいです。落ち着いてスタートも出ましたし、状態はすごく良かったです。最後は瞬発力がなくなってしまいました」

 

7着 ワグネリアン (指数72 最上位)

福永祐一騎手
「前回より落ち着いていて、雰囲気も良かったです。スタートもしっかり出てくれて、打ち合わせた通りのポジションを取れました。しかし、4コーナーで仕掛けたときに加速しきれず、そのままゴールをむかえるまで加速しきらないままでした。理由は明らかではありませんが、もしかすると軟らかい馬場が影響したのかもしれません。直線でも勝ち馬とそこまで離されていなかったのですが、届かず残念でした」

引用元:netkeiba.com


 

レースの方はアイトーンが引っ張り、今日この馬場で1000m通過が59秒2ハイペース。そこで前を無理に追いかけなかった上位3頭の先行組、中でもエポカドーロが結果的にベストの位置だった、ということでしょうか。

それに対し上位人気各馬は、直線に入り口で揃って後方のまま。5着馬の鞍上のコメントにもあるように、いかにも展開が向かなかった印象が強かったですね。

ただ、それにしてもワグネリアンはチョロチョロッと脚を使った程度で7着に大敗。重馬場で勝ち鞍はありますが、荒れた緩い馬場が微妙に応えていたのか、なんの見せ場も無く敗れたのはちょっと意外でした。

ということで、本命視されていたダノンプレミアムが直前で戦線離脱し、一気に混沌とした今年の皐月賞でしたが、次のダービーがますます難解なレースになりそうな感じがしました。

この時期の3歳重賞戦はやはり難しいですね(´・ω・`;)

それでは今日はこの辺で失礼します。

よく読まれる記事

※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
→ JRA公式ホームページ

※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。


競馬情報

Posted by ターヒィー