【スプリングS】ステルヴィオが激しい叩き合いを制して重賞初制覇!!

競馬情報

スプリングステークス レース後コメント


1着 ステルヴィオ (指数72 最上位)

ルメール騎手
この馬は瞬発力があって、最後にいい脚を使えるところです。昨年は緩さがあったので後ろからゆっくり運んで、終いはよく伸びてはいるものの届かない、というレースがあったのですが、今は緩さが取れてきたのでいいポジションで運ぶことができるようになりました。走りのバランスが良かったですし、初の中山も問題なかったです。距離もあと200m延びても大丈夫だと思います。

 

2着 エポカドーロ (指数57)

戸崎騎手
僅かに及びませんでしたが、いい感じで運べました。ドッシリとして良い馬です。よく頑張ってくれました。

 

3着 マイネルファンロン (指数47)

柴田大騎手
前2頭は強かったですが、最後まで渋太く頑張ってくれました。あまりジッとしていても前に残られてしまいますし、中山1800mの外枠でも出してある程度のポジションを取りに行きました。その分、力むところはありましたがやはり力がありますね。練習の成果があってスタートも良かったです。2000mに延びた方が競馬はしやすいと思います。

 

4着 バールドバイ (指数45)

北村宏騎手
スタートを出てからロスなく行くことができて、4コーナーの手応えもよかったです。ただ直線でよれてくる馬がいたので、そこが少し影響したかもしれません。あの差だっただけに残念です。まだ完成しているわけではないですし、伸びしろはまだまだありそうです

 

5着 レノヴァール (指数45)

北村友騎手
1コーナーで人気の2頭が前にいたので、そこを見ながらレースを進めました。4コーナーで勝った馬はスッと反応していましたが、こちらは馬場の悪いところに脚をとられ反応しきれませんでした。馬場の悪いところでもエンジンがかかるようになればもっと良くなります。ただ、新馬戦の時以来この馬に乗りましたが、とても成長を感じました。

引用元:netkeiba.com


 

直線途中からステルヴィオとエポカドーロとの一騎打ちとなりましたが、最後はクビの上げ下げでステルヴィオが接戦をモノにしました。

着差こそ僅かでしたが、ステルヴィオは本番を見据えての仕上げだったということを考えると、非常に良いレースをしてくれたように思います。

また、エポカドーロも重賞初挑戦でいきなり結果を残すあたり、地力の高さを証明しましたね。勝ち馬に目標された分敗れはしましたが、自身でレースを勝ちに行っての2着は素直に評価していいでしょう。

そして2番人気に推されたルーカス(指数59)は9着に大敗。距離なのか何なのか、これはちょっと負けすぎな感が・・・。鞍上も敗因が今ひとつ分からないと答えていましたので、その点が気がかりですね。

よく読まれる記事

※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
→ JRA公式ホームページ

※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。


競馬情報

Posted by ターヒィー