【中山記念】ウインブライトが好位から抜け出して完勝!!

競馬情報

こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)

今日は阪急杯、そして中山記念と二つの重賞が行われましたが、中山記念の結果を簡単に振り返ってみたいと思います。


1着 ウインブライト (指数49)

道中は離れた先行集団を進むも折り合いはスムーズ。3角から促しつつ、4角で前を行く2頭を射程圏に入れると、そのまま長くいい脚を使ってクビ差抜けたところでゴールしました。

今日は展開が向いたのが最大の勝因ですが、この馬の良さがフルに活きたレース。決め手勝負ではなく、ある程度の消耗戦になれば、大きいところでもそれなりに走ってくれるのではないでしょうか。

 

2着 アエロリット (指数51)

幾分太目も好仕上がり。軽快に飛ばす3着馬を見ながら番手での競馬。やや気難しさを覗かせる面はありましたが、そのまま渋太く前に食らいつき、直線では勝ち馬に被せられながらも二枚腰を使って接戦の2着争いを制しました。ここにきてさらに地力強化された感があり、この先、大舞台でも活躍が期待できるいいレースだったと思います。

 

3着 マルターズアポジー (指数48)

今日もこの馬の競馬、後ろを離す形となりましたが、開幕週の良馬場で1000m通過が59秒2ならこの馬のペース。直線に入っても余力十分に粘り込みを図りましたが、最後は目標にされた分3着でゴール。とは言え、このメンバー相手に勝ち負けを演じたことは素直に評価できますし、力は出し切れたと見ていいのではないかと。内容ある一戦でした。

 

4着 サクラアンプルール (指数52)

先行策。道中は勝ち馬を見ながらロスなく立ち回り、直線もいい感じに向いてきましたが、ゴール前はもう一脚が使えず、前を脅かすことなく流れ込む形に4着でゴール。久々が応えた部分は多少あったかもしれませんし、次走以降は、ここを使われてどこまで上積みが見込めるかがカギとなりそうです。

 

5着 ペルシアンナイト (指数63)

出遅れて後方からの競馬。道中は無理をせず終いに賭けるレースをしましたが、今日は前の組のレース。上がり最速の脚を使うも掲示板確保まで。この展開とあの位置取りですから仕方なしといった部分はありましたが、この馬の持ち味である「キレ」はマイルでこそ生きてくるような・・・距離も微妙に長かったのかもしれません。

 

8着 ヴィブロス (指数67 最上位)

出たなりで後方から。道中は追走に一杯といった感じで直線もサッパリ反応せず、何の見せ場もないまま8着に敗退しました。小柄な牝馬とは言え、今日は馬体が寂しく見えていたように、その辺は久々が影響していたのかもしれません。あとは叩かれての良化待ちといったところでしょうが、内容的には「?」の多いレースだったのが気がかりですね。


 

ということで、中山記念は指数的には完敗でした(´・ω・`;)

もっとも、少頭数かつ抜けた指数の馬がいなかったわけですから、この結果も仕方ないといったところ。阪急杯の方は軸馬(レッドファルクス)がきちんと馬券になりましたし、競馬は獲れるところをしっかりと獲ることが大切だと改めて思いました。

それでは今日はこの辺で失礼します。

よく読まれる記事

※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
→ JRA公式ホームページ

※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。


競馬情報

Posted by ターヒィー