【京都記念】ゴール前の接戦を制したのはクリンチャー!! 並み居るG1馬を退ける!!

競馬情報

こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)

さて、今日の京都記念ですがG1馬4頭を押さえ、クリンチャーが見事に重賞タイトルを手中に入れました。


1着 クリンチャー (指数43)

先行策。終始逃げ馬をマークし、コースロスのない立ち回り。先に動いたレイデオロの動きに惑わされず、手応え十分のまま直線を向くと、そこから渋太く脚を使って1着でゴールしました。

馬場が味方した部分はあるかもしれませんが、これは鞍上のファインプレーも光った一戦。元々の素質馬でもありましたし、フロックの勝利ではないと思います。

 

2着 アルアイン (指数51)

久々も仕上がり良好。出たなりで好位からの競馬。外目から折り合いに欠くことなく、3角手前でレイデオロが動いていくと、それをマークするように進出開始。その後は勝ち馬同様しっかりと自身の脚を使って連対を果たしました。

今日は勝ち馬のレースでしたが、スムースラ折り合い、距離も難なくこなしたのは大きな収穫でしょう。今後もG1戦線での活躍が期待できそうです。

 

3着 レイデオロ (指数69 最上位)

こちらも仕上がり良好。スタートでやや後手を踏み、向う正面から徐々に中ポジションを上げる中、やや掛かるような面が・・・。3角から外を回って追い上げたまでは良かったですが、折り合いに欠いた分、ゴール前は脚色が鈍って馬券内がやっとのレースでした。

スタートしてからややチグハグなレース運びが災いとなったのが悔やまれるところですが、想定外の乗り替わりがあったので、こればかりは仕方のないことだと思います。

 

4着 モズカッチャン (指数60)

しっかりと脚を溜められながら、折り合い重視の競馬。4角ではスペース的に空いた内を突いて進出して、上がり最速の脚を使うも、馬券内には惜しくも届かず4着。それでも牡馬一線級相手に上位争いをしたのは地力がある証拠。ここを使っての上積みは確実ですし、次走以降がとても楽しみな存在になりました。

 

5着 ケントオー (指数39)

いつものように後方からの競馬、終始自分の競馬に徹して掲示板を確保。成績通り渋った馬場が良かったとは思いますが、さすがに上位陣とは力の差がありました。ただ、ブービー人気での入着ですから、この馬自身の力は出し切ったとみていいでしょう。


 

ということで、京都記念はレイデオロが人気を裏切る形となってしまいましたが、見ごたえのあるハイレベルなレースでしたし、上位馬はこれからの活躍が大いに期待できそうですね。

 

れともう一つの重賞、共同通信杯ですが、こちらは人気馬総崩れの波乱の決着に・・・。結果的には内目をうまく立ち回った馬で1〜3着となりましたが、外目を回った人気両馬が揃って大敗とは、芝コースには何かしらのバイアスが発生していたのかもしれません。

さて、ここを勝ったオウケンムーンですが、3連勝で重賞制覇。それほどキレる脚は無いものの、追って味のある競馬をしていたのが印象的でした。ここまでの勝ち鞍はすべて2000mと、父同様、距離が伸びて力を発揮しそうなタイプなので、ちょっと楽しみな一頭になったと思います。

 

それでは今日はこの辺で失礼します。

よく読まれる記事

※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
→ JRA公式ホームページ

※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。


競馬情報

Posted by ターヒィー