【東京新聞杯】牡馬勢を鮮やかに一蹴!! リスグラシューが重賞2勝目!!

競馬情報

こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)

今日の東京メイン、東京新聞杯はリスグラシューが馬群を割って差し切り、混戦を制しました。


1着 リスグラシュー (指数53)

道中は馬群の中で虎視眈々とレース運び、直線を向くと馬群を縫いながら進出開始。いざ追われてからもしっかりと脚を使い、2着馬の猛追を平然と抑え1着でゴールしました。

なかなか勝ちきれない競馬が続いていましたが、今までのもどかしさが嘘のような完勝劇。この勝ちがいいきっかけになり、今後の活躍が楽しみな一頭になったと言えるでしょう。

 

2着 サトノアレス (指数65)

久々も好仕上がり。出たなりに後方待機策。こちらも馬群の中でじっくりと乗られ、直線は開いた最内を突いて鋭く脚を伸ばすも、今日は勝ち馬のレース。しかしながら上がりは最速で、この馬場でも結果を出せたのは大きな収穫ではないでしょうか。距離はやはりマイルが合っていそうです。

 

3着 ダイワキャグニー (指数70 最上位)

好位から競馬。緩い馬場を気にしていたのか、道中はややフワフワとした走りで、直線に向いても思ったほどの反応は無く、坂を上がってからようやく脚を使い始め、最後にグイッとひと伸びして3着でした。

左回りが良いのは確かですが、やはりというかちょっと癖のある馬。能力は確かなので、その辺りが改善されていけば面白い一頭になりそうです。

 

4着 デンコウアンジュ (指数42)

中団後方からの競馬。直線はやや追い出しを待たされる場面はありましたが、直線は見せ場十分に上争いを演じて掲示板を確保しました。これで2戦続けての好走。一時のスランプから抜け出し、復調してきているのは確かだと思います。

 

5着 ディバインコード (指数50)

スタートを決めて先行策。枠の利を活かしてコースロスなく立ち回り、手応え十分に直線を向くと、坂の上まで必死に抵抗し、こちらも見せ場十分に掲示板を確保しまた。多少展開が向いた部分はあるにしても、この馬のウリである堅実さは発揮できたのではないかと。このメンバーでも互角に戦えたことは収穫でしょう。

 

9着 グレーターロンドン (指数61 1番人気)

今日は先行策。それほどペースも速くならず、位置取り的には悪くはなかったはずですが、直線を向いていざ追われてからがサッパリ。終始外目を走らされた分はあるにしても、ちょっとこれは負けすぎな感が……。過去の戦績や結果だけを見れば、脚を溜めた方がいい馬なのかもしれません。


 

ということで、簡単なものですが、本日からレース回顧を再度記していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。基本的には重賞、複数ある場合は個人的に注目していたレースの方を取り上げます。

さてさて、もう一つの重賞、きさらぎ賞は3歳重賞戦よろしく指数が今ひとつアテになりませんね(´・ω・`;)

これは旧指数も同様でしたが、この部分は「こんなもん」と割り切るしかないでしょう。

それでは今日はこの辺で失礼します。

よく読まれる記事

※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
→ JRA公式ホームページ

※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。


競馬情報

Posted by ターヒィー