【プロキオンS】マテラスカイが驚異のレコードタイムで重賞初制覇!!

競馬情報

レース後のコメントと着順


1着 マテラスカイ (指数53)

武豊騎手
「強かったですね。今日のポイントはスタートだと思っていました。好スタートを切って大丈夫だと思いました。ですから先手を取ろうと思いました。ただ、これまで1200mを使ってましたのでラストが心配でしたが、問題ありませんでした。タイムが出やすい馬場でしたが、それにしても立派なタイムでしたね。これまでいいタイミングで乗せてもらっています。馬も充実しているようで、今後も楽しみです」

 

2着 インカンテーション (指数77 軸馬)

三浦騎手
「ラストはいい脚でした。この馬は1600mでも忙しいだけに、1400mだと後ろからになりました。今回は狭いところを抜け出して来ましたが、このことは今後大きいところを狙う意味でも収穫の多いレースでした。まだまだ走る気のある馬、秋に向けていい形のレースでした」

 

3着 ウインムート (指数58)

和田騎手
「ペースは速かったけど、形としてはベストだったと思います。さすがに苦しくなりましたが、よく頑張って粘っています。勝った馬が強かったです」

 

4着 サクセスエナジー (指数49)

武藤雅騎手
「頑張っています。イメージ通り3番手からのレース。しぶとく走ってくれました。こういうレースは得意です。1400mでこういうレースをしてどれだけ粘り込めるかです。こういうレースを続けていけばいいと思います」

 

5着 ブラゾンドゥリス (指数41)

武藤雅騎手
「頑張っています。イメージ通り3番手からのレース。しぶとく走ってくれました。こういうレースは得意です。1400mでこういうレースをしてどれだけ粘り込めるかです。こういうレースを続けていけばいいと思います」

 

6着 ドリームキラリ (指数59)

M.デムーロ騎手
「スタートが速い馬ですが、もっと速い馬がいました。前でフラフラする馬がいて、最後脚を余す形になってしまいました」

引用元:ラジオNIKKEI


 

プロキオンステークスは、好発を決めたマテラスカイがそのまま逃げ切り、見事に重賞のタイトルを手に入れました。

さてこのレース、何と言っても驚くべきはマテラスカイの勝ち時計でしょうか。

時計の出る馬場コンディションだったとはいえ、1分20秒3と従来のレコード1秒6詰める内容。芝のレースと勘違いするぐらいの時計なのですから、これはもう完勝と言っていいでしょう。今後の活躍がより楽しみになったと言えます。

そして2着には軸馬インカンテーションが入りました。

8歳になってから初の1400mかつ高速決着と条件は決して良くなかったですが、やはりこのメンツでは力が上ということでしょう。あの位置から連対を果たしたのはさすがです。この調子なら悲願のG1タイトルを手にするのも夢ではないかもしれません。

よく読まれる記事

※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
→ JRA公式ホームページ

※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。


競馬情報

Posted by ターヒィー