2019/04/10(水) 第30回東京スプリント予想

地方競馬交流重賞

こんにちは、ターヒィーです。

今日は大井で東京スプリントが行われますが、コパノキッキング鞍上の藤田菜七子騎手がJRA女性初の重賞勝利となるのかどうか、いつになく注目されていますね。

というこことで、ざっとこのレースを予想してみたいと思います。


 

大井 11R

枠番 馬番 馬名
01 キャンドルグラス
02 マッチレスヒーロー
03 マイネルルークス
04 ショコラブラン
05 アシャカダイキ
06 コパノキッキング
07 ヒロシゲゴールド
08 キタサンミカヅキ
09 ゴーディー
10 アクティブミノル
11 アンサンブルライフ
12 ホウショウナウ
13 サトノタイガー
14 ナチュラリー
15 ジョーオリオン
16 テーオーヘリオス

 

本命は半分期待の意味を込めてコパノキッキングにしました。

初めての地方、初ナイターなどといった不安材料もありますが、能力的には一枚抜けてると見ていいでしょう。

さて、一番問題なのは脚質です。

ベストの距離に戻る点はいいとして、カペラSやフェブラリーSのように後ろからレースを進めてはさすがに勝ち負けには加われないかと。無論、それを補って余る力はありますが、こんな馬場ですし、余計に道中のポジションが勝負の行方を決めそうですからね。

ただ、今回は後ろから行くとも限らないように思います。

気性的な問題から元々は逃げて結果を残してきた馬ですし、そこらへんは陣営から鞍上に指示は出しているでしょうし、ある程度前目でレースが運べるようならアッサリの可能性もあるんじゃないでしょうか。あとは様々なプレッシャーを藤田菜七子騎手がどう克服するか、そこだけですね。

そして相手筆頭はヒロシゲゴールド。重賞初挑戦の立場ではありますが、去年の暮れから別物の馬になったような感がありますし、何よりも脚質と大井で強い鞍上が大きな魅力。

こちらもコパノキッキング同様、初の地方の砂とナイターがどう影響するかは未知数ですが、執拗に競られることが無ければ普通に上位争いしてくれるはずです。

他にはホウショウナウ、テーオーヘリオスにも印を回しましたが、個人的に馬券を買うならば、オッズにもよりますが本命対抗のワイド一点のみにするでしょう。ただ、今年は荒れる要素がたくさんあるので買っても観戦料程度までです(笑)

それと実績上位のキタサカミカヅキは、年齢的な上積みに疑問を感じますので連下までの評価にしました。

ぶっちゃけ、このレースは予想云々よりも、藤田菜七子騎手がJRA女性騎手初の重賞制覇となるのか、そこだけが見ものだと思うので、馬券は買わず純粋に応援するのもいいかもしれませんね。

それではまた。


人気記事

地方競馬交流重賞

Posted by ターヒィー