【参考予想 2/7(日)東京新聞杯&きさらぎ賞 】

過去の指数(特別競走分)

こんばんは、軸馬専科管理人です(´・ω・`)

それでは早速、東京新聞杯ときさらぎ賞 の指数を公開してみたいと思います。

まずは東京新聞杯から。

〈東京11R〉
枠 馬
1 01 グランシルク    52
2 02 ダノンプラチナ   53
3 03 エキストラエンド  53
3 04 ダイワリベラル   49
4 05 タガノブルグ    30
4 06 スマートレイアー  55(最上位)
5 07 ルルーシュ     29
5 08 マーティンボロ   43
6 09 アルマワイオリ   44
6 10 マイネルアウラート 46
7 11 ダッシングブレイズ 51
7 12 トーセンスターダム 52
8 13 サトノギャラント  40
8 14 テイエムタイホー  54

ここはスマートレイアーが最上位馬となりましたが、指数的には各馬横一線の団子状態です(´・ω・`;)

注視していたダノンプラチナ、ダッシングブレイズは、それほど高い指数は出ていませんので、ここは明らかに混戦模様でしょう。

しかしここまで混戦とは想定外です・・・。こんな時は「見」の一手かもしれません。

 

続いてはきさらぎ賞です。

〈京都11R〉
枠 馬
1 01 オウケンダイヤ   24
2 02 レプランシュ    50
3 03 ロイカバード    62(最上位)
4 04 ロワアブソリュー  48
5 05 オンザロックス   50
6 06 ウルトラバロック  37
7 07 モウカッテル    22
8 08 ノガロ       55
8 09 サトノダイヤモンド 61

こちらはロイカバードが最上位馬となりましたが、断然人気のサトノダイヤモンドも僅差で続いており、やはり二強対決のような印象を受けます。

恐らくはこの2頭で決まるとは思うのですが、少頭数は荒れるとの格言がありますように、勝負を賭けるのであれば馬連よりはワイド一点勝負の方が無難なような気がしています。

また、3連系を狙うのであれば人気薄な馬が意外と高い指数を出していますので、この2頭軸に2、5、8へ流してみると面白いかもしれませんね。

ただ、指数的に今一つ信頼の置けない3歳重賞なので、参考程度に捉えていただければと思います。

それではまた。


※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
→ JRA公式ホームページ

※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。