メインレース予想 9/24(日) オールカマー

過去の指数(特別競走分)

こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)
明日のメインレース予想はオールカマーを取り上げてみたいと思います。
〈中山11R〉
枠 馬
1 01 パリカラノテガミ  29
1 02 アルバート     60
2 03 ショウナンバッハ  25
2 04 ブラックバゴ    55
3 05 グランアルマダ   37
3 06 ルージュバック   48
4 07 ディサイファ    54
4 08 ステファノス    62(最上位)
5 09 タンタアレグリア  59
5 10 マイネルミラノ   47
6 11 マイネルサージュ  39
6 12 デニムアンドルビー 50
7 13 マイネルディーン  30
7 14 モンドインテロ   53
8 15 カフジプリンス   50
8 16 ツクバアズマオー  43
8 17 トルークマクト   24

指数最上位はステファノスとなりました。
さてステファノスですが、春に行われた大阪杯ではキタサンブラック3/4馬身差の2着と、古馬一線級とも十分にやれることを証明。その後の安田記念では7着に敗れはしましたが、終始大外を回りながらも勝ち馬からは0秒3差と着順ほど負けたイメージはなく、今まで戦ってきたメンツを考えれば実績、能力とも上位の存在であることに間違いはありません。
あとは久々がどう出るかといった具合ですが、それでも上位争いはしてくれるはずです。
そして指数2位にアルバートが続いていますが、こちらも実績上位の存在。天皇賞(春)後は無理をせずしっかりと休養を挟み、万全の態勢で挑んでくる点には好感を持てます。2200mはやや距離が足りない気もしますが、そこは地力でカバーしてもおかしくはないでしょう。
また、タンタアレグリアも素質的にはここでは引けを取らない一頭でしょう。休養が長い分、やや割引は必要かもしれませんが、久々で挑んだAJCCを快勝したように、中山は相性のいい舞台だと思うので、当日のデキ次第では勝ち負けしても不思議ではないように思います。
とりあえずは人気通りにこの3頭が有力候補となるので、今年は平穏な決着が濃厚のような。紛れるがあるならばブラックバゴ、モンドインテロあたりまでと思いますので、ここは手堅く攻めた方がいいかもしれませんね。
それではまた。

よく読まれる記事

※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
→ JRA公式ホームページ

※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。