メインレース予想 9/9(土) 紫苑ステークス

過去の指数(特別競走分)

こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)

明日のメインレース予想は紫苑ステークスを取り上げてみたいと思います。

〈中山11R〉
枠 馬
1 01 フレスコパスト   31
1 02 ブラックオニキス  56
2 03 ライジングリーズン 58
2 04 ガジュマル     42
3 05 ワラッチャウヨネ  26
3 06 ジッパーレーン   27
4 07 ポールヴァンドル  53
4 08 ホウオウパフューム 50
5 09 プリンセスルーラー 48
5 10 シンボリジュネス  33
6 11 カリビアンゴールド 57
6 12 マナローラ     55
7 13 ミッシングリンク  44
7 14 ナムラムラサキ   46
7 15 ルヴォワール    40
8 16 ディアドラ     63(最上位)
8 17 シーズララバイ   39
8 18 サロニカ      41

指数最上位はディアドラとなりました。

さてディアドラですが、オークス4着とここでは実績上の存在。久々となった混合戦の前走でも能力のあるところを証明し、ここなら頭一つ抜けた感があります。デキさえ良ければ普通に勝ち負けでしょう。

ただ、その前走で馬体を減らしていたのは気がかり。今回もその点が鍵になりそうなので、当日のデキ次第によっては見送ることも視野に入れておきたいです。
以下はやや混戦といったところですが、マナローラ、カリビアンゴールドの6枠両馬が怖い存在になりそうです。

マナローラはオークスこそ大敗を喫する形になりましたが、当時はまだ幼さが残っていただけでなく、中間の調整も今ひとつ。それでも最後はしっかりと自身の脚を使っていたように、レース内容は悪くはありませんでした。

この一夏でどこまで成長しているか、やはり当日のデキ次第にはなりますが、一皮むけたような部分が見られれば、ここならば上位争いも可能でしょう。

そしてカリビアンゴールドも同様、オークスでは大敗した一頭ですが、前走は勝ち馬に上手く乗られただけで内容は上々。距離も2000mなら十分対応可能でしょうし、好勝負可能と見ています。ただし馬体はあれ以上減らしてこないほうがいいでしょうね。

また、穴っぽいところではライジングリーズンも怖い一頭。この距離はやや長い印象を受けますが、アネモネステークスでディアドラに完勝しているように、折り合いよく運べれば上位進出があってもおかしくはないような。距離は異なれど、中山コースで全勝ち星を挙げている点は無視できないと思います。

ここは3歳牝馬戦ということなので、とにかく当日の各馬の気配だけは最低限チェックしたいところ。基本的には見送るべきレースだということを念頭に置いて予想した方がいいでしょう。
それではまた。

よく読まれる記事

※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
→ JRA公式ホームページ

※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。