メインレース予想 11/27(日)ジャパンカップ

過去の指数(特別競走分)

こんばんは、軸馬専科管理人です(´・ω・`)
それでは早速、ジャパンカップの指数を公開します。
〈東京11R〉
枠 馬
1 01 キタサンブラック  61
1 02 ビッシュ      40
2 03 ゴールドアクター  65(最上位)
2 04 ルージュバック   51
3 05 イキートス     –
3 06 ラストインパクト  45
4 07 ワンアンドオンリー 32
4 08 イラプト      –
5 09 ディーマジェスティ 59
5 10 トーセンバジル   29
6 11 フェイムゲーム   36
6 12 サウンズオブアース 53
7 13 ヒットザターゲット 37
7 14 レインボーライン  58
8 15 ナイトフラワー   –
8 16 リアルスティール  57
8 17 シュヴァルグラン  48

指数最上位はゴールドアクターとなりました。
さてゴールドアクターですが、東京のこの条件はまさにベスト。ローテも陣営の思惑通りといったところで、調教も抜群に動いてます。また、どんなレースに対応できる強味もありますし、ここはズバリ勝ち負けしてくれるはずです。
ただ気になるのは、当日のイレ込み具合とJC初挑戦となる鞍上の手腕。馬の力は抜けてはいますが、ポカをする可能性が捨てきれないのもまた事実。当日のパドックや返し馬の状態は要チェックしたいですね。
それでもよほどのことがなければ馬券になるとは思いますが、ここは安定感を買ってキタサンブラックを馬券の中心にした方が無難のような気がします。
そのキタサンブラックですが、こちらもローテは予定通りといったところ。ひと叩きされて確実に上積みが見込めますし、ゴールドアクターを負かすのはこの馬が筆頭と見てはいいのではないでしょうか。
瞬発力勝負になるとやや分は悪くなるかもしれませんが、そこら辺は鞍上も重々承知しているでしょうから、この馬がレースを組み立てる展開になればまず崩れることはないと思います。
人気にはなっていますが、今年のジャパンカップはこの2頭の一騎打ちムードと見ていいかもしれませんね。
で、相手の方ですが、ここは指数50以上の馬がある程度絞れていますので、あれこれ考えず流すのが賢明かと。シュヴァルグランの指数が足りなかったのは意外でしたが、上昇度を考えればこの馬も押さえておくべきだと思います。
それではまた。

よく読まれる記事

※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
→ JRA公式ホームページ

※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。