メインレース予想 10/23(日)菊花賞

過去の指数(特別競走分)

こんばんは、軸馬専科管理人です(´・ω・`)
それでは早速、菊花賞の指数を公開してみたいと思います。
〈京都11R〉
枠 馬
1 01 カフジプリンス   45
1 02 ジョルジュサンク  39
2 03 サトノダイヤモンド 62(最上位)
2 04 シュペルミエール  32
3 05 ミライヘノツバサ  42
3 06 ディーマジェスティ 60
4 07 レッドエルディスト 50
4 08 ミッキーロケット  56
5 09 イモータル     37
5 10 ウムブルフ     48
6 11 レインボーライン  51
6 12 コスモジャーベ   31
7 13 エアスピネル    55
7 14 アグネスフォルテ  30
7 15 サトノエトワール  28
8 16 プロディガルサン  52
8 17 ジュンヴァルカン  53
8 18 マウントロブソン  52

指数最上位はサトノダイヤモンドとなりました。そしてディーマジェスティミッキーロケットと続いていますが、今の所は人気順になっていますね。
まずサトノダイヤモンドとディーマジェスティですが、指数的には両馬とも頭一つ抜けている感はあります。オッズにもそれが現れていますし、やはりここは二強対決というムードなのでしょう。
ただ、菊花賞は3冠の中でも最も指数がアテにならないレースだったりするんですよね(´・ω・`;) なぜならば、軸馬専科の独自指数はスピード指数がベースになっているからです。
裏を返せば、それだけ淀の3000mというのは特殊なコースであるということ。過去のレースを振り返ってもわかりますように、いわゆる「伏兵馬」が馬券に絡みやすいのが特徴です。
「今週のレース展望」でも少しだけお話ししましたが、菊花賞は何かしら血統的な裏付けがないと苦戦する傾向がありまして、例年、人気のあるディープ産駒が苦戦をしているように、今年はすんなりとは上の二強では決まらないような気が・・・。
それじゃどんな馬がいいのかと考えても、指数で追うならばやはり二強で決まる可能性が高いと思いますし、ここは相当に予想を捻らないと当てることは難しいでしょう。
個人的にはミッキーロケット、ジュンバルカン、レインボーラインあたりが伏兵と睨んでいますが、買い目を絞りきるには至っていませんので、ここは「見」としたいと考えています。(多分どれかの複勝を少額買うとは思いますが、勝負は避けますw)
それではまた。

よく読まれる記事

※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
→ JRA公式ホームページ

※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。